ボディーアート

気になる染まり具合は?ジャグアタトゥーのビフォー&アフター

ジャグアタトゥーの染まり具合について

ジャグアタトゥーは比較的安定して染まる商品ですが、染まり具合には個人差があります。

ヘナタトゥー、ジャグアタトゥーは、体の中心より末端部分、肌の表皮(角質)の厚いところ手足先が色が濃く出やすいです。自然のものが原料であるため、温度や湿度、肌の状態などで染まり具合が変わります。

今回は当店をご利用されたお客様から、染まったアフター画像をいただいたので紹介したいと思います。

1、通常の染まり具合
2、やや薄めに染まったケース
3、濃いめに染まったケース
4、やや色ムラができたケース

画像は〈 左:施術時 → 右:数日後 〉です

 

1、通常の染まり具合


 

2、やや薄めに染まったケース

 

3、濃いめに染まったケース

 

 

4、色ムラができたケース

 

全てのお客様へほぼ同じ条件での施術を行っていますが、染まり具合には個人差があります。できるだけ濃く染めたい方は、手や足先などに試してみることをおすすめします。

 

当店では薄く染まった方(タトゥーが目を凝らさないとみえないレベル、数メートル離れてみえないレベル)のお客様は、2週間以内であれば同じデザインのお直し致します。その際は、染まった後の写真を送っていただきお直しメニューの予約をお願いします。

私は昔、ヘナタトゥーやジャグアタトゥーをお客さんとして施術してもらったことがあり、その時に色が全然染まらずショックを受けた経験があります。お客様にそういう思いをして欲しくないので、お直しメニューの作りました。

インクが自然由来のものなので多少個人差が出てしまうことはご理解いただき、お直しメニューなどを上手に利用しながらボディーアートを楽しんでいただけたら嬉しいです。

皆さまのご予約お待ちしております♡

 

予約する